マドタスTIMES

2017年5月30日取り付け

【網戸が外れた人必見!】戻し方と取り付ける時の測り方をご紹介!

033_i

皆様、こんにちは。

日差しが強くなってきて、これから暑い季節がやってきます。

本格的な夏が始まる前に、網戸の準備をしておきたいですよね。

しかし、網戸が外れてしまって戻し方が分からなかったり、網戸を取り付けるのに苦労した経験がある方もいらっしゃるかと思います。

また、新たに網戸を購入して取り付ける際には、寸法の測り方が重要です。

そこで、今回は外れてしまった網戸の戻し方と、網戸を購入する時に注意したい、寸法の測り方をご紹介します。

 

網戸の取り付けに失敗したことのある方必見!網戸の取り付け方と寸法の測り方とは?

 

外れてしまった網戸を取り付けるポイントを解説します。

網戸が外れてしまって取り付けられない時には、こちらの手順をお試しください。

 

1、外れ止め(振れ止め)を解除します

網戸が振動や風で外れる事を防止するパーツである外れ止め(振れ止め)を、プラスドライバーでネジを緩めて解除します。

外れ止めが効いている状態だと、網戸レールに戻すのが困難です。

外れ止めは、多くの場合、網戸の側面の一番上、左右についています。(ビル・マンションなどでは、網戸上部の室内側正面についている場合もあります。)

このネジを緩めて外れ止めを下にスライドし、網戸を取り付ける準備をしましょう。

※ネジを緩めすぎると外れ止めが落ちてしまいますので、ベランダのない2階の窓などでは特に注意が必要です。

※外れ止めの構造は網戸の種類によって異なりますが、ほとんどの場合は上記の方法で調整ができます。

 

2、網戸レールに網戸を差し込みます

障子やふすまの取付けのように、網の下部が手前に来るように少し斜めにしながら、レールの上部→下部の順番で取り付けましょう。

網戸の下部にある戸車がきちんと網戸レールに乗っていることを確認します。

網戸がレールにはまったら、最初にネジを緩めた外れ止めを上にスライドし、網戸レールに突き当たる直前で、ネジをプラスドライバーで締めて固定し直します。

この時、外れ止めが網戸レールに当たっていると網戸の開閉がし辛くなる場合があるので、動作を確認しながら行いましょう。(外れ止めの適正な位置は、網戸の種類によって異なります。)

※網戸によっては、側面の下部に、戸車を出し入れするスイッチがあったり、ネジで戸車の出幅を調整するタイプもあります。

網戸の種類によって、細かな操作方法が異なりますのでご注意ください。

 

3、網戸を動かして確認します

網戸を動かしてスムーズに動いたら取り付け完了です。

振動によって外れないか、レールにゴミや異物が残っていないか確認しましょう。

 

取り付けが完了したら、窓の開閉がスムーズに出来るかどうかも確認しておくとベストです。

また、網戸を新しく取り付ける際には、寸法の測り方が重要になりますので、そちらもあわせてご紹介します。

 

網戸を注文するための寸法の測り方のポイントを解説します。

測り方

※最も一般的な、引違い窓用のパネル網戸(平網戸)の採寸方法です。

建物のタイプや網戸の種類により、測り方が異なる場合がありますのでご注意ください。

 

お家に網戸を取付ける際には、次の3つの寸法を測りましょう。

 

1. 高さ(網戸レール間寸法)

サッシの上下にある網戸レールの先端から先端までを測ります。

メジャーが斜めにならないよう、注意しましょう。

高さ(網戸レール間寸法)

網戸レール測り方2

 

2. 網戸レールとサッシ障子(ガラス戸)の間隔

網戸レールとサッシ障子(ガラス戸)の間隔を測ります。

サッシ障子(ガラス戸)のガラス面ではなく、周りのアルミ枠部分の一番室外側の面から、網戸レールの厚みの中心までを測ってください。

網戸レールとサッシ障子(ガラス戸)の間隔

 

3. サッシ障子(ガラス戸)の幅

サッシのガラス戸の、アルミ枠を含めた外側から外側までを測ります。

サッシ障子(ガラス戸)の幅

オーダーメイドの網戸は、一般的にミリ単位で製造されますので、細かいですがミリ単位で測りましょう。

また、網戸レールが無い場合や、サッシ障子(ガラス戸)の一部が網戸レールより出っ張っている場合は網戸の取り付けが出来ませんのでご注意ください。

※測り方のポイントはこちらもチェック!

また、「測り間違えたらどうしよう…」という方には「カートリッジ網戸」がオススメです。

 

カートリッジ網戸とは?

カートリッジ網戸

新しく網戸を取り付ける場合や、網戸の買い替えをお考えの方には「カートリッジ網戸」がオススメです。

「カートリッジ網戸」なら上下の枠が伸縮するので、高さ調整幅が広く、ご自身での採寸でも安心です。

ご注文の高さ寸法を基準に、-10mmから+20mmまで対応が可能です。

しかも「カートリッジ網戸」は、網の部分がカートリッジ式になっていて脱着自在なため、お風呂場などに持って行っての水洗い掃除が簡単です。

網カートリッジの脱着はシンプルな面ファスナー式で、ベリッとはがしてピタッと貼り付ける、誰にでも分かりやすい直感的な操作です。

また、網戸上部のラベルに記載されているシリアル番号があれば、交換用の網カートリッジの注文が可能ですので、交換する度にサイズを測る必要がなくお手軽です。

シリアル番号

一般的な網戸と同じように、網戸レールに取付けるだけなので、特別な工事は必要ありません!

カートリッジ網戸の詳細は、こちら。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は網戸が外れてしまった際の取り付け方と、網戸を注文するための寸法の測り方をご紹介しました。

寸法を測り間違えると、取り付けが上手くいかない原因になりますので、しっかりポイントを押さえて採寸しましょう。

夏場は欠かせない網戸ですが、外れたままでは活躍できません。

また網戸が付いていない窓があったら、早めに対処して夏に備えましょう。